top of page

山梨の市営・公営ジムはどれがおすすめ?7つのジムを徹底比較

更新日:1月16日



今回の記事では、山梨県にある県や市町村が運営するジム・運動施設をご紹介いたします。


ジムに通おうと検討したことがある人は、おそらく一度は行ったことがあるでしょう。


スポーツクラブや24時間ジムに入会することを検討している人や、そもそも市営ジムなどにも行ったことがない方は、ぜひ最後までご覧ください。


最後まで読んでもなお迷われている方は、初心者にも優しい【ILUTY FITNESS CLUB】がおすすめです。






市営・公営ジムのメリット・デメリット



スポーツクラブや24時間ジムなどにはないメリットがあり、それゆえのデメリットが存在します。


料金面やサービス面、充実度など多角的に見ていきましょう。


【メリット】

①都度払いができる

多くの市営・公営ジムは、一回ごと料金を支払う制度を設けているので、スポーツクラブや24時間ジムとは異なり、月の利用額を一括で支払わなくて済みます。


市営ジムでは、【利用した時だけ】料金を支払えば良いので、余計な費用がかかりません。


②会員にならなくて良い

市内と市外で料金は異なりますが、どちらも会員にならずとも利用できるので、【月会費】というものがかかりません。


例えば、いつも家の近くの市営のジムを利用していて、1ヶ月の間で1回も利用しなかった場合、スポーツジムや24時間ジムは月会費が発生しますが、市営のジムなら【0円】ということです。


③費用が安く済む

そもそも入会金や事務手数料、月会費など多くの費用を有するジムがほとんどですが、市営・公営ジムならそれらは一切必要ありません。


多く利用するなら、いっそのことジムの会員になって充実した施設設備のもと、トレーニングを行うことが結果的に安くなりますが、低利用の人ならば圧倒的に市営ジムの方が安く済みます。


ですが、安いゆえのデメリットがあります。


【デメリット】

①施設設備が充実していない

比較的に市営・公営のジムは、マシンの数が少なくスポーツジムや24時間ジムに比べ、施設の設備は劣ることがあります。


大衆向けに設定されているので、最新の機器やマシンは少ないと言えるでしょう。


②サービス内容が薄い

初回の使い方をスタッフに教えてもらえれば良いのですが、それすらなければ最初から一人で利用していかなければなりません。


マシンの解説動画が用意されていたり、スタッフが常にいたりとサービス面が充実していない場合がありますので、ご注意ください。


③一回あたりの値段が高い

市営・公営ジムでは、一回の料金は比較的安いですが、多く利用するとなると単価の面やサービスの面、施設設備の面を考慮すると、1回あたりの値段が高い傾向にあります。


例えば、

市営ジム

24時間ジム

月会費

0円

7,978円

1回あたりの値段

500円

665円

12回(週3回)利用した場合

6,000円

7,978円

というように市営・公営ジムに多く通う場合は、施設設備やサービスの質が劣るが少しでも安く済ませたいならともかく、1回あたりの値段を【165円】多く支払う代わりに施設設備やサービス面が整っているジムに通う方がトータル的に安く感じるかと思います。



おすすめの市営・公営ジム7選


①都留市健康ジム

(引用:https://www.city.tsuru.yamanashi.jp/soshiki/shougaigakushuu/sports_t/1/1693.html)

住所

山梨県都留市中央3-9-3 都留市ふるさと会館1F

TEL

0554-45-4111

営業時間

9:00~21:00(最終受付20:30)

休館日

毎週日曜・年末年始

料金

市民一般:300円/回

市外一般:610円/回

初回利用者講習

スポーツメーカーのミズノが管理する施設であり、トレーニングだけでなくスタジオを併設しているので、健康増進や、介護予防、自立支援など多岐にわたるプログラムが用意されています。


また、運動だけでなく、談話コーナー等を設置することによって、多世代が交流できる場としての役割を持ち、誰もが気軽に健康増進を図れる施設という特徴があります。



②富士北麓公園トレーニング室・フリーウエイトトレーニング室

(引用:https://www.hokuroku.jp/about/38)

住所

山梨県富士吉田市上吉田立石5000

TEL

0555-24-3651

営業時間

8:30~21:00(最終受付20:00)

休館日

4月・10月~3月 火曜

5月~9月 無休

料金

【トレーニング室】一般:280円/回

【フリーウエイトトレーニング室】一般:330円/回

営業時間

不明

富士北麓公園の一角にある運動施設で、一般の方が利用できる通常のトレーニングルームから、陸上やラグビーの日本代表合宿などにも使われるほどの施設設備が充実したフリーウエイトトレーニング室が併設されています。



③昭和町立温水プール

(引用:https://www.town.showa.yamanashi.jp/soshiki/20/2011.html)

住所

山梨県中巨摩郡昭和町押越970

TEL

055-275-9811

営業時間

10:00~21:00

休館日

毎週月曜・祝日・年末年始

料金

町内大人:300円

町外大人:500円

初回利用者講習

トレーニングルームだけでなく、プールやスタジオを併設しているので、様々なレッスンやプログラムに参加することができます。


昭和町にあるので、近隣の市町村からも通いやすいとも言えるでしょう。



④櫛形トレーニングルーム

(引用:https://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/sisetsu/shisetsu/kushigatatraining/)

住所

山梨県南アルプス市桃園1600

TEL

055-284-3333

営業時間

9:00~21:00

休館日

毎週月曜・年末年始

料金

市内:200円

市外:310円

休館日

休館日

体力増進に向けた、各年代の人が自主的にトレーニングを実施できるような機器を揃えており、併設しているプールと併せて利用する人が多くいます。



⑤牧丘B&G海洋センター

(引用:https://www.fitz-sc.com/shop/makioka/makioka.html)

住所

山梨県山梨市牧丘町窪平442-1

TEL

0553-35-4411

営業時間

午前の部:9:00~12:00

午後の部:13:00~17:00

夜間の部:18:00~22:00

休館日

毎週月曜

料金

市内一般:150円

市外一般:250円

初回利用者講習

トレーニングルームだけでなく、体育館や武道場、プールなど多くを有しており、それゆえの様々な教室が人気の施設です。



⑥小瀬スポーツ公園トレーニング室

(引用:https://www.kose-sp.pref.yamanashi.jp/guide/859/)

住所

山梨県甲府市小瀬町840

TEL

055-243-3115

営業時間

8:00~22:00

休館日

年中無休

料金

【大人】トレーニングのみ:330円

【大人】トレーニング+シャワー:370円

休館日

休館日

今のような充実したジムがなかった頃に、多くのトレーニング愛好家が集っていたほどマシンのラインナップが豊富な公営ジムです。



⑦町民プールブルーアース富士河口湖

(引用:https://blueearth.co.jp/archives/shoplist/kawaguchiko)

住所

山梨県南都留郡富士河口湖町船津5540

TEL

0555-73-4313

営業時間

【月~金】

10月~6月:10:00~22:00

7月~9月:9:00~22:00

【土日・祝】

10月~6月:10:00~21:00

7月~9月:9:00~21:00

休館日

毎週木曜

料金

町内一般:530円

町外一般:840円

休館日

休館日

言わずも知れたブルーアースですが、都度利用も行っている店舗になります。


トレーニングだけでなく、プールを併設していたり、温泉施設の中にはサウナもあるほどの充実した施設になっています。




本格的なトレーニングなら【ILUTY FITNESS CLUB】


多くのジムでは初回にマシンの説明をしてくますが、その後は自分で行っていくしかありません。


常にスタッフがいて教えてくれたり、専門的なアドバイスをくれたり、多くのマシンで鍛えられる市営・公営ジムは多くあリません。


しかし、【ILUTY FITNESS CLUB】ならそれが全て可能になります。


無料でマシンの講習会に何度も参加できたり、無料でパーソナルトレーニングが受けられるだけでなく、在籍するスタッフ全員が国際ライセンスの所有者であるため、誰に教えてもらっても専門的なアドバイスが受けられます。


なので、本格的にトレーニングを行い、ダイエットや筋肉の増量などボディメイクを効率よく進めていくことができるのです。




閲覧数:2,456回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page